マスオ型アトツギだから実現できることと、やっぱり難しいこと

\マスオ型アトツギ日本代表/
株式会社大都 代表取締役
山田岳人 氏

工具卸問屋の一人娘と結婚する際、家業を継ぐことを結婚の条件に出され、突如アトツギとなる。ただ工具を売るのではなく、工具が必要となる文化をつくることを掲げ、DIY文化を日本に根付かせる事業を展開中。アトツギ界の中でも、『マスオ型事業承継』のロールモデルとしての矜持があり、磯野家(サザエさん)の家系事情にやたら詳しい。今回は、アトツギ娘と結婚した”マスオ”ポジションとして、アトツギ娘の悩みをぶった切る!

■話を聞いた人

\孤高のマスオ型アトツギ/
有限会社ゑびや/株式会社EBILAB 代表取締役社長
小田島春樹 氏

1985年北海道生まれ、10代のころから輸入業やECビジネスを手掛ける根っからの商売人。
ソフトバンク株式会社で人事や新規事業・営業企画を経験した後、妻の実家が営む和食堂「有限会社ゑびや」に入社。データやAIを活用した経営で売上高5倍を達成し、そのノウハウやシステムを提供する「株式会社EBILAB」の代表取締役社長も務め、日本のサービス業のDXを推進している。TBSテレビ「がっちりマンデー」をはじめ各種メディアに取材されて順風満帆・・・というのは表の姿。DXに反対する義父と繰り広げたバトルなど、今回は裏側の出来事も含め包み隠さず公開。

■話を聞いた人

\愛深きマスオ型アトツギ/
ウメモト株式会社 梅本隆太 氏

元創業80年の医療機器メーカーアトツギ(長男)。自身の家業であった医療機器メーカーで事業承継準備をしていた中、現在の妻に結婚の条件で「婿」になることを提示され受諾した。妻の家業であるシール印刷業のアトツギに転身後、社内での行動に制限がかかり、妻と相談し社外でシール印刷に関わる新規事業を立上げた。事業承継は道半ばですが、婿とは切っても話せない家庭での話。子供が生まれてからの環境の変化。最近は「最後は愛」と実感する日々を送るアトツギ。

妻の実家の家業を継いだアトツギ経営者をゲストに迎えたイベント「マスオさんに聞く アトツギ娘との恋愛・結婚・出産に関する裏話」がエヌエヌ生命との共催で2021年6月24日にオンラインにて開催された。株式会社大都の山田岳人代表取締役、有限会社ゑびや株式会社EBILABの小田島春樹代表取締役社長、ウメモト株式会社の梅本隆太氏をゲストに迎えた座談会の内容をまとめた。

 

三者三様の、マスオ型アトツギの経歴

 

ティム
ティム
これまで多くのアトツギと話してきましたが、アトツギ娘とマスオは家業があるからこそ、恋愛、結婚、出産にいろんな不安が付きまといますよね。今回はマスオ型の視点から、その悩みについて考えていこうと思います。では、大都の山田さんから自己紹介をお願いします。

大都の山田です。社員はみんな僕のことを「ジャック」と呼ぶので、皆さんも気軽に呼んでください。新卒でリクルートに入社して、6年ほど働いた後に大学時代から付き合っていた彼女と結婚することになりました。「娘さんをください」と言いに行ったら、彼女が一人っ子だったこともあり、「娘はやるから会社を継げ」と言われて。それで大都に入りました。

大都はもともとは問屋業でしたが、現在は問屋業は辞めて「DIY FACTORY」というDIY専門の提案型ECサイトを運営しています。僕が3代目で義父が先代です。

私自身は長男で妹が1人いて、父親はサラリーマンという家系です。妻との間には娘が2人いて、長女が大学4年生、次女が高校3年生。今のところ継がせる気は無いですが、今日のメンバーの中では「継がせる側」に最も近い立場です。

山田さん
山田さん

ゑびやの小田島です。北海道出身で、大学のゼミの後輩だった彼女と結婚しました。三重県伊勢市でゑびやという商業施設を運営しながら、もう一つのEBILABという会社でシステム開発をしています。

僕も「娘が一人っ子なので、もしよければ継いでほしい」とは言われていましたが、昔ながらの土産物店や街の食堂みたいな場所を運営していたこともあって、僕も妻も当初継ぐことはまったく考えてなくて。

ただ、「廃業して、今後テナントにする」という話が出たので、手伝ってもいいかと思って参画しました。結局テナント業への移行はうまくいかず、店舗運営を続けながらいろんな改革をしています。

僕も妻も、結構自由な人間で。コロナで今は帰ってきたものの、一時期は会社の代表になったにもかかわらず、家族で沖縄へ移住したこともあります。妻は、今は会社に入って若女将みたいになってます。僕自身の兄弟構成は山田さんと同じく妹が1人で、父は公務員。今は妻との間に子どもが2人いて、上が女の子、下が男の子です。

自由で正直な人間なこともあり、家業に入ってからはバトルを繰り広げてきました。僕は自分のことを「反逆のマスオ」と言っていて。ファイティングポーズをとって義理の親と戦う人間でした。

小田島さん
小田島さん

ティム
ティム
小田島さんは「過激派アトツギ」のイメージが強いですね。

 

はい(笑)。
小田島さん
小田島さん

 

ウメモトの梅本です。新卒でマーケティングリサーチの会社に入った後、ケアテックのベンチャーの立ち上げを経て、妻の家業に入りました。

ウメモトは創業58年、大阪に本社がある印刷会社で、食品のシールや消火器のシール、自動車部品の保護フィルムなどを作ってます。最近では、妻と一緒にチャット対応型のシール印刷サービスを、ウメモトとは別で立ち上げました。

僕が婿になろうと思った決め手は、両家初めての顔合わせで義父から言われた「息子さんをください」の一言です。従業員が40名ほどいて、従業員の家族を含めると100~150人を守り続けなければならない。だから「息子さんをください」と言ってくれたみたいで、その熱い言葉が嬉しかったんです。

実は、僕の父親も創業80年の医療機器メーカーの経営者で、家業がある中で育ちました。僕で4代目になるはずだったものの、途中で結婚したいと思う妻が出てきて、結婚の条件がウメモトに入るということだったので婿を選びました。

梅本さん
梅本さん

 

ティム
ティム
実家にも家業があったんですね。

 

 

しかも長男です。
梅本さん
梅本さん

 

 

「経営ができるチャンスだと思って」家業に入ることを選んだ?