「獺祭」を山口県から世界へ。飛躍のカギは真に“美味しい酒”であること。

旭酒造株式会社
代表取締役社長 桜井宏一 氏

山口県の小さな旭酒造という酒蔵が「獺祭」という酒を造り、東京の市場で勝負した。その美味しさは評判となり、いつしか「獺祭」はメジャーな酒の仲間入りを果たした。日本酒を飲まない人でも「獺祭」を知る人は珍しくなく、多くの人に「飲んでみたい」と思わせたという点で、日本酒業界にイノベーションを起こした企業だ。

東京市場を開拓した先代の桜井博志氏が世界へマーケットを広げる際、立役者となったのが4代目アトツギの桜井宏一代表取締役社長だ。ニューヨークからスタートし、アジア、ヨーロッパ、アメリカ全土へとそのマーケットを拡大している。

「酒蔵を継ぐ気はなかった。実家の酒へのリスペクトもなかった」という桜井社長を酒蔵へ引き戻したモノは何だったのか。ニューヨークで全く売れないという経験をした後、どうやって世界中にマーケットを拡大したのか。日本酒の海外輸出におけるトップランナー、桜井社長にお話を伺った。

出典:令和2年度中小企業庁/プッシュ型事業承継支援高度化事業/「ロールモデルのクローズアップ」事業「継ギPedia」(http://tsugipedia.com/)

 

 

 

酒蔵を継ぐきっかけは、実家の酒が旨かったこと

ティム
ティム
まずは桜井さんがアトツギとして旭酒造に入るまでの流れを教えてください。

子供の頃は酒蔵の中を出たり入ったりしていたし、小さな町だから、そこが世界観のすべてでした。それが東京の大学に入ってからは、どうしてもファミリービジネスとの糸が切れてしまって。

 

当時の大学生が払えるような飲み放題居酒屋の日本酒なんて美味しくないし、実家から送られてくる酒もそれなりに美味しくはなってきてたのだろうけど、リスペクトはなかったですね。

桜井氏
桜井氏

 

ティム
ティム
リスペクトがないというのは?

 

部屋の隅っこに投げておいて、1カ月くらいして「飲むものないから飲む」っていう感じです(笑)。

 

就職活動する時も、業界研究とかすると、酒造業界はずっと右肩下がりなのはよくわかったし、ファミリービジネスに戻る感覚はなかった。それで、興味がある会社を手当たり次第に受けて、群馬県にある遊技機メーカーに入ったんです。

桜井氏
桜井氏

 

ティム
ティム
遊技機メーカーから酒蔵へ戻ろうと思ったきっかけは?

 

群馬の本社に入って1年弱経った頃、ちょうど六本木ヒルズができて、その会社もお金があったから六本木ヒルズにオフィスを構えたんですね。私もそこに通うようになったんですけど、あの辺りの飲食店は群馬の居酒屋と違って、社会人のお給料で行けるお店でもまあまあいいお酒があったんです。

桜井氏
桜井氏