家業とキャリアの化学反応に未来を描く。一地方の繊維工場が世界に認められるウールメーカーに。

三星グループ 
代表 岩田 真吾 氏

愛知・岐阜にまたがる尾州産地は古くから繊維業が盛んな地域だ。岐阜県羽鳥市に拠点を構え、今年創業134年を迎える三星グループは、和服で使われる綿の「艶つけ業」として創業したが、現在では世界で認められる最高級のウールメーカー。さらにサステイナブル(持続可能)な事業展開を目指す企業として、繊維業界の注目を集めている。

その立役者は、5代目社長の岩田真吾氏。東京の大手企業で経験を積んだ後に家業を継いだ岩田氏だが、華やかな経歴と事業承継の成功の裏には様々な困難があった。歴史ある工場の閉鎖、従業員との不調和、苦しみの中で見出したのは「共に挑む」プロセスの大切さ。ウールはもちろん、グループで手がける全ての事業の可能性を信じて尾州全体の活性をめざす岩田氏の言葉が、アトツギ予備軍の背中を押す。

出典:令和2年度中小企業庁/プッシュ型事業承継支援高度化事業/「ロールモデルのクローズアップ」事業「継ギPedia」(http://tsugipedia.com/)

 

 

 

家業を継げるのは自分だけのオプション

ティム
ティム
岩田さんは後を継ぐ前に、どんなことをされていたのでしょう?

 

僕は創業者から数えて5代目になるんですが、生まれた時からずっと「お前は後継ぎ息子だ」と言われて育ち、自分でもそういうものかと受け入れていました。東京の大学に進学して実家を離れて、そこで初めて「後を継ぐだけが人生ではない」と知ったくらい。在学中に大手広告代理店でインターンを経験して、多くの人が集まってビジネスが動くのを目の前で見てとても面白かったので、後継ぎへの意欲はややフラットになりました。一旦、親とは関係ない仕事で自分の力を試したくて大手商社の入社試験に挑みました。

 

最終面接の前日、父から「俺だったら“一緒に儲けよう”と言うやつを雇いたい」と言われました。“この会社で成長したい”なんて自分本位の考えでなく、会社というチームのことを考えろと。念願叶って内定をもらえたときは、一番に父に報告しました。後から聞きましたが、その時父は、もう僕が家業には戻らないと思っていたようです。その会社で2年働きましたが、グローバルなビジネスのダイナミズムを感じる一方で、大企業特有の体質にもどかしさも感じていました。より企業変革に特化して、スピーディーにビジネスを動かしたいという思いがつのって、外資系のコンサルティングファームに転職しました。そこで3年半ほど経験を積んでから28歳で家業に戻ったんです。

岩田氏
岩田氏

 

ティム
ティム
都心の大手企業でキャリアアップの転職……ものすごく華々しい経歴ですね!ぶっちゃけ、他の会社で働くことが面白くて、後を継ぐことをやめようと考えたことはなかったんですか。

 

 

インターンをしていたころは後を継ぐことへの意識は弱まっていましたが、就職して働いているうちにだんだんと、自分の意思決定で進めたい、自分の力を試したいという気持ちが強くなって、逆に「自分で会社をやりたい」というマインドにつながっていきました。当時ベンチャー企業が出始めてきた頃だったので起業もアリだったのですが、「家業を継ぐ」のは自分だけに与えられたオプションなんだと思ったんです。そのチャンスを試したいと。

岩田氏
岩田氏

 

 

ティム
ティム
「後継ぎ」って親の七光りなんて言われたりしますが、そういうマイナスイメージはありませんでしたか?

 

 

それでいうと、僕は七光りって言わせたくないのもあって外の会社に就職したんです。家業で成功したとしても、結局は親のさじ加減一つと思われたりするけど、外の会社でキャリアを積んだら誰にも何にも言われない。特に外資系ファームは完全に実力主義。人様の会社で結果を出して出世して初めて、家業に戻る自信がついたところもありますね。

岩田氏
岩田氏