芝生地の価値とグリーンキーパーの地位を上げる、造園アトツギの決意

森田緑化株式会社
代表取締役社長 森田真輔 氏

「うちみたいな会社で働く奴はレベルが低いから」。そう笑顔でトリッキーに語る森田緑化株式会社6代目、森田真輔社長の言葉には愛が溢れている。「うちの子どもは出来が悪くて」といいながらも見放さない父親のようだ。

創業は明治10年、今年で145年目を迎える。小さな苗木を植えることから事業が始まって以来、時代の流れを見極めながら、「造園」を軸足に造園樹木生産・工事業・管理業とさまざまな業態へと展開してきた。現在は、太陽光発電の事業やゴルフ場などの広大な芝生地の管理業をはじめ、地元徳島の中小企業を対象にした人材紹介サービスなど、新しい挑戦も手がける。

森田社長のズバズバと歯切れがよい言葉には、家業に戻ってからの自問自答を重ねてきた毎日が見えてくる。

出典:令和2年度中小企業庁/プッシュ型事業承継支援高度化事業/「ロールモデルのクローズアップ」事業「継ギPedia」(http://tsugipedia.com/)

劣等感の塊だった自分が、家業を意識するようになるまで

ヴェルディ
ヴェルディ
ぼくも九州で親が小売業やってまして。まだ継ぐとか考えられてないんですけど、今日はいろいろ教えてください!家業に入られる前の学生時代のことなど、いろいろと。

ぜひぜひ。私ね、かなり悲しい人生を歩んでおりまして(笑)。こう見えて、幼いころから今まで、ずっと同級生から嫌われ続ける人生だったんですよ。自分の容姿や学力にすごく劣等感を感じていて。周りへの妬みや僻みがすごくて(笑)。人と比べて自分はしょぼいな、ということをずっと感じていた幼少期でした。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
意外ですね。今はこんなに明るい方なのに。一人っ子ですか?

いや、姉が二人います。5つ上と7つ上。これがまた優秀な姉でね。末っ子長男で相当甘やかされたとは思うんですけど、劣等感の塊みたいな人間でしたね。

 

中学1年生の時にね、たまたま先輩に勧められて、陸上同好会に入ったんです。このときの経験が良かったんでしょうね。我慢とか、継続とか、人間関係とか。そういうものに気づかされる経験をしました。

 

今でもやっぱり同級生には嫌われ続ける人生なんですが(笑)、先輩後輩からはなぜか好かれるんです。それも僕の特徴。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
ぼくは弟がいるんで継ぐとか継がないとかは腹の探り合いなんですが(笑)森田社長は子どもの頃から「俺がいずれ家業を継ぐんだ」という気持ちはあったんですか?

いや、全くなかったですね。むしろ継ぎたくなかったです。私、ITとか情報処理の世界にいきたかったんですよ。変わったのは高校3年生の時かな。先生から、地元の合格できそうな大学にとりあえず行くか、それとも東京農大の「地元後継者枠」というのを利用して進学するか、どうするんだって言われて。せっかくなら頑張ってやってみようと。でも農大に行くということは、もうあとを継がないといけないということなんですよ。だから継ぐことを意識したのは高校3年生の春になるのかな。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
その後大学では造園の勉強をされて。一度家業以外の仕事に就かれたんですね。

大学の頃も出来は悪かったんだけど、やっぱり先生にはなぜか可愛がられてね。先生の勧めで造園業界の大手の会社に5年契約の嘱託社員で入社できたんです。

 

でもね、めちゃくちゃハードな仕事で!今は違うと思いますけど、当時は休みは一か月ないし、毎日終電ダッシュ、みたいな生活を1,2年はしていたんです。六本木ヒルズの足元の花壇や都心の新宿御苑の木を剪定したり。けっこう大きな仕事にも携わったんですよ。

 

でも余りに辛かったので、親を病気に仕立てて5年しないうちに辞めました。「うちのおかんは目が見えまへん」って(笑)。あ、今でも母親はピンピンしてるんですけどね。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
辞めちゃったんですね(笑)。そこから家業へはすぐに戻られたんですか?

いや、僕ITだけじゃなくて家電も大好きでね。人生1回だけだし、一度は好きなことをしようと思って、家電の販売店におもちゃをおさめる仕事に派遣社員として入ったんですよ。実はこのときに自分は経営者向きなんだって確信するできごとがありましてね。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
へー。派遣社員って決められた仕事だけするイメージですが、何があったんですか?

人を束ねることの楽しさを感じたんです。僕はいち派遣社員だったんだけど、本社の人、同じ派遣社員の人、地元のパートさんの間に立ってね。人をうまく束ねてやれば、自分が動くよりも100倍仕事は早く終わるし、きれいに陳列できるし、自分も楽だってことを学んだんですよ。

 

まぁ「人を使う=自分がさぼれる」ってことを覚えてしまったということなんですけどね(笑)。

森田氏
森田氏

 

 

 

大手と家業。現場のレベルに感じた、大きなギャップ

ヴェルディ
ヴェルディ
派遣の仕事は半年で辞められたんですね。家業に戻られるきっかけはなんだったんでしょう。

その当時26歳のころかな。森田緑化で部長課長クラスの社員が一気に5人辞めるっていう事件があったんですよ。当時43人の会社だったから、それって結構大きな問題で。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
何があったんですか?

賃金が安いとか、ある部署の仕事がうまくいっていないとか。そういう問題だったみたいです。皆辞めちゃうから、どうにか帰って来てくれないか、と当時の社長である、親父からお願いされた感じです。私も一度造園業から逃げていたので、あんまり偉そうに言えることはなくてね。いや、もうそれは帰りますと。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
それで26歳の頃に戻られたわけですね。戻られてからはどんなことをまず初めにしたんですか?

最初はとにかく現場監督業、施工管理を主にやりました。作業服を毎日着て、営業から積算、植木を売りに行くとか。一通りの全ての作業を経験しました。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
森田さんは、同業種の大手での現場も経験されているわけじゃないですか。家業に戻られてからのギャップを感じることってありましたか。

ありましたねー。扱うお金の規模感と、職人のレベル。この2つにつきますね。

 

まずお金は、前の会社では、何千万、何億という規模感なのに対して、こちらは何千円、何万円という世界。

 

あとは社員のレベルも、向こうは図面を投げておけば勝手にやってくれたけど、こっちでは一から全部教えないとできない。植物の名前も知らないし、算数もできない。そういう人間が集まっているのが田舎の中小企業なんですよ。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
それはどうやって改善していったんですか?

もうね、諦めました(笑)。そういうタイプの人間が働いている現場なんだと、頭を切り替えたんです。管理職の一部の人間だけがしっかり理解をして、あとは現場の人間にわかりやすく説明するって方法に変えました。

 

最初の頃は底上げをしようと思って、教育なんかも頑張っていたんだけど、結局それは本人も望んでいないし、こちらも対応が追いつかない。であれば、管理職の自分たちが、現場の社員の目線に下りていこうと。

 

うちの社員、いまだに三角形の面積の計算とかできないんじゃないかな(笑)。笑い話みたいだけど、これが地方のわれわれみたいな業種の現実なんですよ。そういう現実があることを知っていただきたいです。

森田氏
森田氏

 

 

 

地元の中小企業の課題が見えたから始めた人材ビジネス

ヴェルディ
ヴェルディ
意外だったんですが、社長になってから人材ビジネスを始められてますよね。これってどういう背景があったんですか?

社長に就任して、作業服を脱ぎました。この4年間で、作業ズボンは10回も履いてないんじゃないかな。これは現場を離れる、という決意表明だったんです。社長しかできないこと、社長がすべきこと、つまり営業に専念しようと考えました。
森田氏
森田氏


ヴェルディ
ヴェルディ
社外に出ていくことにしたってことですね。

そうそう。まず私ね、徳島と関西大嫌い(笑)、関東大好き人間なんでこれはもう関東に進出しようと。それで前の会社の時代の上司のツテを辿って。あんな謀反を起こしてもう辞めているんですけど、快く受け入れてくれてね。今では東京だけでもそこそこ利益を出せるようになっています。
森田氏
森田氏

これがうまくいったこともあって、地域未来牽引企業にも選ばれ、まじめな勉強会にも参加するようになったんですよ。そこで感じたのが、中小企業ってどこも認知度が低いよなぁという現実。素敵な社長に社風。いい会社はいっぱいあるのに、みんな口をそろえて「人が来ねぇ」って言う。

 

元々人と話すのが好きだし、相手の特性を見極めるっていうのが趣味の一環みたいなものだったので、商社に勤めている同級生をヘッドハンティングして、徳島に特化した人材のマッチングビジネスを始めたんです。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
徳島に特化してるのが面白いですね。まさに地元の課題じゃないですか。

徳島の会社ってすごく浅はかで(笑)。うちも含めなんだけどね。とにかく何でもできるオールラウンダーを月に23万とかで雇えると思ってる。逆に働きたい側は、ほとんど経験がないくせに、平気で30万は欲しいという。この温度差はすごいです。

 

お互いに自分のレベルを知った上で、どこかで妥協しないといけない。そこをマッチングさせるっていうのが、ものすごく難しいんです。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
それにしても、人材紹介事業と造園事業。ずいぶん畑違いに見えるんですけど、シナジーは何かありましたか?

それはありますよ。いろんな業界の経営者と話せるのもすごく学びが多い。採用とか社員教育の仕組みとか。あと、うちの採用効率が格段に上がってますね。去年1年間だけで言えば、22名入社してますから。辞めた人は3名だけ。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
純増で19名!なかなか新規採用が難しい業界のイメージですけど。

私の採用方針っていうのが、「やる気があるなら来てみたら」っていうスタンスなんですよ。言葉は悪いけど、この業界っていろいろ問題ありな人が多いんですよ。でもやる気があるなら受け入れると。

 

あとは私があまり表に出ないようにしています。にぎやかそうな社長が出てくると、どんだけリアルな話をしても、逆にきれいな感じに映っちゃうみたいで。けっこう生々しい話もするんですけどね。「汚い、くさい、4K5Kはもう当たり前だよ。大丈夫?」とか。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
なんかKが増えてますね(笑)

だからね、面接に来た人がどんだけ「今日中に決めたい」って言っても、いったん帰すんです。「家族とか誰かに相談してちゃんと考えて決めて」って言います。辞めていく人の大半が「面接のときに社長に言われた通りでした。自分には難しかったです」と言って去っていくからね。

 

できるだけみんながハッピーになれるような就職をしたほうがいいですよね。コロナで今は少し停滞してますけど、この事業ではそういうことを実現していきたいと思っています。

森田氏
森田氏

 

 

 

親子なら仲良し、経営者同士なら最悪

ヴェルディ
ヴェルディ
現会長である、お父さんのことを聞いてもいいですか。ぶっちゃけ、仲はいいんですか?

親子としてはめちゃくちゃ仲がいいですよ。でも経営者同士としての仲は最悪。何回も泣かしてるし(笑)。もう何十回も社員の前で、めちゃくちゃなケンカしてますから。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
泣かした!?

そうそう。致命的なのが私が好きなタイプの人間と、会長が好きな人間があまりに違うことですかね。会長がかわいがっていた人が、トラブルを起こして私が辞めさせたことがあるんですよ。会長は最後の最後までそれを阻止しようとしてましたね。
森田氏
森田氏

会長は優秀、優秀じゃないに関わらず、現場で頑張っている人はみんな大好き、その人が中でどんなことをしていようといい、と。でもそんな人にも部下はいる。下が辞めていくような社員をなんで守るんだと何度もモメましたね。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
なるほど。先代が昔からの社員を守ろうとするあまりに、社内の軋轢が生まれるって話はアトツギ界隈ではよく聞きますもんね。

でもね、感謝してることもあるんですよ。会長が残してくれた、この会社があまりに素晴らしくてね。赤字もゼロ、借金もゼロ。結論、私はこの会社だから継いでいます。ここでなかったら継いでいなかったと思う。借金まみれだったり、未来性がない会社だったら、いくら継げって言われても継いでなかったと思うんです。
森田氏
森田氏

 

 

 

いろんな業界の知識を造園と合体させる

ヴェルディ
ヴェルディ
新規事業を始める風土って昔からあったんですか?

大きな利益を出すことになった太陽光発電の事業も、元は会長が発案し、進めていたものなんです。それまでは土地を借りて、他社に造ってもらってた設備を会長が自分で造りたいっていうのが始まりでね。自分たちの独学で、土地の申請から施工、材料の輸入、組み立て、電気の配線の一部まで、すべて自社でやるっていうものなんです。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
すごいですね。そんなことってできるもんなんですね。

一気通貫してやることで、どこよりも安い金額で請け負えるっていうのが強みですね。普通は分業制なんでね。ここまで全部やっている会社は本当にないんじゃないかな。おかげでオリックスさんとか、NTTファシリティーズさんとかにも提案できたくらいだから。でも始めは私、この事業に反対していたんですよ。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
なんでですか?すごい先進的なお話なのに。

根がネガティブなんでね(笑)。斜面を保護する法面(のりめん)事業だって危ないから早く辞めたかったし、ゴルフ場の管理の仕事だって興味なかったし。

 

でもそればかりじゃだめだなって思って。そんな時、J1で活躍する、地元サッカーチームの芝管理の仕事がとれたんです。この辺りから、自分が興味ないという理由で関心を持たないのはやめようと。自分自身がいろんな業種の知識を持って、それを造園とを合体して、事業をしようという目標ができたんですよね。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
先代は、森田社長が始める新規事業に反対したりとかないんですか?

多少ありますけど、目標と期限を設定することですね。いつまでにこのくらいの実績を残す、できなければやめる、みたいなね。そのために親父の意見を聞かせてほしいと言う。親だってちゃんと話をすれば分かってくれるはず。でも代わりにちゃんと親の意見を聞く、ということもしっかりやることだね。
森田氏
森田氏

 

 

 

緑や芝生の価値を上げる、グリーンキーパーの地位を上げる

 

ヴェルディ
ヴェルディ
森田さんは、森田緑化の10年後の姿って、どう考えていますか。

これはね、でっかいこと考えていまして。一番は、緑や芝生地のある空間の価値を上げたいと思っているんですよ。

 

特にゴルフ場やサッカー場の芝生管理の仕事の価値を、アメリカのように上げたい。グリーンキーパー(芝生をメンテナンスする職人)を、ゴルフ場の支配人と同等の扱いされるような業種にして、社員含む業界の地位の向上を目指しています。

 

そのためにも芝生地の用途を広げたいんですよね。芝生でシネマをやったり、フェスをやったり、市民に開放したりとか。そういう芝生広場の価値を高めて、ゴルフ場の、ゴルフ以外の用途利用を推奨する活動をしたいと、本気で思っています。

森田氏
森田氏

 

 

 

イヤイヤなら継がない方がいい

ヴェルディ
ヴェルディ
では最後に。ぼくたち世代の若いアトツギにエールをお願いします。

私はね、合理主義者なんでね。継ぐ継がないに関しては、継ぐ気がないなら継ぐべきでないと思っています。
森田氏
森田氏

でも何か利用できるものがあるなら。例えばお金はないけど技術がある、人がいるとか、自分の目で見て、何か光るものがあるなら、検討すればいいし、継げばいい。

 

親から言われてイヤイヤやっているとか、決まっていたから惰性で、とか魅力がないと思っているなら、絶対に継がないほうがいい。

森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
たしかに…。光るものか。探せば何かあるかもしれないけど、探そうとしてなかったかもです。

継ぎたいと思うなら、あとは前を向くしかない。親の会社が持っている、人・機材・技術・お金・知的財産を使って、どういうビジネスができるのか、っていうのを自分なりに考えることでしょうね。
森田氏
森田氏

 

 

 

理念の唱和の前にやることがある

あとはね、中小企業の社長は、どんなに優秀でも社員の顔色を見られない人はダメです。そういうことを見えていないのに、就労規則を作ろうとか理念を唱和するだけとかね、そういうところ多いんです(笑)。ちょっと待てよと。そもそも自分の足元見れていないのはまずくないかと。
森田氏
森田氏

ヴェルディ
ヴェルディ
なんかわかる気がします。朝礼で理念唱和してる会社で社員の目が死んでるって話、よく聞きます(笑)。

私もね、今までは「”家業”から”企業”を目指すんだ!」って鼻息荒く意気込んでいたんだけど、やめました(笑)。今はまだ、社員を家族のように気をかけるという先代の影響が残ってますし。

だから「”企業”を目指すのではなく、”家業の発展”を実現させよう」と、メッセージを変えたんです。大半の社員は、そっちのほうがしっくりきているんじゃないかなと思います。

森田氏
森田氏

 


【徳島】

森田緑化株式会社 http://morita-r.co.jp/

代表取締役社長 森田 真輔 氏


 

■取材した人

ヴェルディ

1991年生まれ。宮崎出身で都市圏の大企業に勤務する潜伏アトツギ。実は宮崎で親が営む事業の後継者問題がやんわり浮上、妻からの(サラリーマン辞めるなよとの)無言の圧力を感じつつ、地元に残る弟の動きに目を配るアラサー男子。趣味は野球観戦とアトツギベンチャーのネット検索。

SNSで記事をシェア